ウエスト引き締め ストレッチ

Lifxc fitness&sports space[ライフィクス フィットネス&スポーツ スペース]の大塚貴文です。☆大塚貴文のブログはコチラをクリック下さい

本日の福岡市内の天気は、夏!!ではありますが、朝の風が気持ちよくなっていました。

そして日中も日陰にはいると、程よい風がふくと一瞬暑さが落ち着きます。

毎年感じるのですが、福岡はお盆が過ぎると、朝晩を涼しく感じます。

福岡は、日本の西であり、日本海側なためか、春夏秋冬をしっかり感じますね~。

とは言え、、、まだまだ日中は暑いので、皆様も体調管理とお身体には十分お気を付け下さいね!!

 

さて、今回おタイトルは【ウエスト引き締め ストレッチ】です。

 

 

 

夏は終わりに近づいていますが、まだまだ薄手の服装が目立ちますし、身体のラインがわかる時期です。更には、夏の後半に海にでかけ水着姿になることもありますよね。

そんな方のために、今回のタイトルウエスト引き締め ストレッチを選んでみました。

 

今回も、いくつかの、ウエスト引き締め ストレッチ ポイントを書きたいと思います。

 

ウエスト引き締め ストレッチ①

 

まずは普段からの姿勢つくりが大切です!!

 

ウエストを引き締めるためには!!と言って、ウエストだけを考えるのではく、全身との繋がりを大切にしましょう。

そのためにも、ウエストをピンポイントに引き締めたい方は、上半身と下半身との姿勢つくりとバランスを意識してください。

背筋を伸ばし、腰を引き上げて歩く。また姿勢良く座る、椅子にもたれかかり、背中が曲がらないようにする。

普段からの姿勢つくりは、以外とできてないもの。

出来ていないと言う事は、ウエスト引き締めのための筋肉を使ってないことになります。

常日頃から動きが基本中の基本と思ってください。

 

 

ウエスト引き締め ストレッチ②

 

沢山の筋肉が集まっている股関節動作をたくさん行いましょう!!

 

皆様のウエスト、お腹のくびれやおへそあたりは骨盤の上にあります。

そのため、ウエストを動かし、引き締め効果を出したい方は、まず土台なる股関節周囲の筋肉の柔軟性を上げることです。

脚を開いたり、上半身は前屈させたり、更には膝を曲げて、太ももの前のストレッチを行いましょう!!

 

 

ウエスト引き締め ストレッチ③

 

ウエスト引き締めのために、そこだけをストレッチしない!!

姿勢と骨盤の動きを使って前後左右の動作を沢山行いましょう。

 

皆様、読みながら、なんとなくお気づきの方もいらっしゃると思いますが、①②はウエスト引き締め ストレッチに対して直接的に動きがあるわけではありません。

では、まずは①②があってからこその、この③があります。

①②がないまま、③を行うことも効果がないわけではありませんが、基本の①②を行うことで、更に、さらに、効果が上がるのです!!

姿勢を良くする意識、②ウエストを支えている股関節の柔軟性を上げる

この2つが基本となります。

③では、上半身の肩甲骨周囲や肩周りの動きをいれましょう!!

ウエスト引き締めるためには、身体全体のストレッチを行い柔軟性も必要です。

 

 

ウエスト引き締め ストレッチ④

 

ウエスト引き締めるためには “ねじり” を加えて、

お腹周りの筋肉を柔らかくすることが重要です!!

 

③でご紹介した上半身のストレッチの次に、最も重要なのが、ウエスト引き締め ストレッチの他に、更に効果へつなげるためにも“ねじり”を入れた動きや、ストレッチなのです。

ウエスト引き締め ストレッチのためには①②の土台があっての事ですが、この④は筋力や柔軟性を高めるためにも、とても重要ですね。

お尻をつて、脚を交差させウエストをねじるストレッチは代表的な動きになります。

その他に両腕を引き上げ(ばんざいした状態)から、息を吸い込み、お腹を引き上げます。

横隔膜を上に引き上げ、ウエストを細くします。そこから、一度ゆっくりはいて、背筋を伸ばしたまま、もとの姿勢にもどします。

 

 

ウエスト引き締め ストレッチ⑤

 

最後には下半身太もも前、後ろのストレッチや動きが効果を高めます!!

 

引き締めたいのはウエストですが、その効果につなげるためには、筋肉の柔軟性や動きをつけることを行い他の身体の部分と連動させると更に効果が高まります。

そこで、重要になるのが、太もも前(大腿四頭筋)と後ろ(大腿二頭筋/ハムストリング)の柔軟性を上げることです。

また、日頃から、①でも基本として書いたように、姿勢を意識して、ちょっとした階段の上りおりや、早く歩くことを心がけていきましょう。

結果、ウエスト引き締め ストレッチの動きへ効果へも高まっていきます。

 

 

この様に、ウエストを引き締めるためのストレッチは、いくつもあります。

そのストレッチを日々行っていくことも大切です。

また、ウエスト引き締めのために、特別時間を作ることも大切ですが、普段からの歩く姿勢や座る姿勢を意識して活動量を増やしてみてください。

すると、ウエストの引き締めどころか、身体全体の引き締めにもつながってきますよ。

 

 

日頃から、効率良く効果的に身体を動かくことで、エネルギー消費量も上がりますので、身体全体への効果も見込めます!!

 

そして、更に効果や成果を実感して、早くウエストの引き締めをしたい方は、Lifxc fitness&sports space[ライフィクス フィットネス&スポーツ スペース]で、専門的にトレーニングを行っていきましょう!!

 

Lifxc fitness&sports space[ライフィクス フィットネス&スポーツ スペース]では、皆様の目的・目標へ向け、具体的に“数字や色”で、しっかり導いていきますので、身体で体感することができますよ~

『効いてる!!』が自分自身で感じます!!

 

 

ウエスト引き締め ストレッチの他にLifxc fitness&sports space[ライフィクス フィットネス&スポーツ スペース]では、ウエスト引き締めトレーニング メニューをお一人お一人の専用メニュー作成いたします。

 

また、そのトレーニング メニュー内容も常に側で専門トレーナーがついて行いますので、安心してご自身の専用メニューでトレーニングを行っていただけます。

 

 

 

福岡市にあるトレーニングジムの

 

Lifxc fitness&sports space

[ライフィクス フィットネス&スポーツ スペース]に、

 

ご興味をお持ちいただけましたら、

お気軽にご連絡下さいね。

 

Lifxc fitness&sports space

[ライフィクス フィットネス&スポーツ スペース]では

 

現在、お得な 無料体験会 を行っていますよ~\(~o~)/

 

無料体験をご希望の方は、このチラシを印刷して

 

ご持参いただくか、お越しの際に、このブログを見た!!と

 

お伝え下さい!!

 

 

 

体験のお申込みも簡単!!

 

簡単24時間Web予約で、直にご予約いただけます。

 

今すぐ、下のバナー(写真)を

 

クリックしてくださいね!!

 

フィットネス&スポーツの専門スタッフが

 

皆様のお越しを、心からお待ちしております。

 

⇓  ⇓  ⇓  ⇓ 

 

 24時間簡単Web予約はインターネット環境の方のみとなります。

その他の場合は直接メール、もしくはお電話にて、お気軽にご連絡下さい。

 

        ※体験のご予約は、希望日の前日までにお願い致します。

        ※トレーニング時間の枠は限られておりますので、予めご了承ください。

        ※詳しくは24時間簡単Web予約のクラス(枠:時間と曜日)を御確認後、

          ご予約をお申込み下さいませ。

          ※キャンペーン情報は平成29年8月16日現在の内容です。

             時期や期間によって異なりますので、予めご了承ください。

 

 

お電話での体験ご予約も承っております。

お気軽にお電話下さい。

 

092-406-5155

 

Lifxc fitness&sports space

[ライフィクス フィットネス&スポーツ スペース]

 

福岡市中央区舞鶴2丁目1‐8-7F

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

Lifxc株式会社≪ライフィクス㈱≫

 

Lifxc fitness&sports space

[ライフィクス フィットネス&スポーツ スペース]

 

ご入会、ご体験(体験は予約制)ご見学の受付

月曜日~土曜日の9:00~21:30(日祝休み)

 

福岡市中央区舞鶴2丁目1-8天神West7F

電話 092-406-5155

http://www.lifxc-fands-space.com/

Mail:info@lifxc-fands-space.com

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Please reload

Featured Posts

福岡天神 ジム

August 15, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

August 15, 2019

Please reload

Archive